能登印刷株式会社

iwai_noto_yamagishi_080125.JPG能登印刷株式会社は、企画力・編集力を強みとして、出版事業からホームページ企画制作などのIT・コンテンツ事業まで、幅広い展開をしている印刷会社です。

当社ホームページの仕事のお付き合いをきっかけに、「アスクルアリーナ」をご紹介させていただき、ご利用いただいています。

今回話をうかがったのは、管理部・総務課長の山岸聡さんです。
能登印刷さんでの「アスクルアリーナ」の活用状況だけでなく、総務セクションのあり方についてのお考えなども聞かせていただくことができました。

—————————————————————————

-山岸さんのお仕事について教えてください。

私たち管理部の仕事は、一言でいうと「営業・製造以外の業務全般」ということになります。
当社はグループ会社としてシナジー㈱や梧桐書院㈱といった会社も抱えていますので、人事や経理などの処理も複雑になりがちなので、気をつかっています。

-総務課として、取り組んでいる課題はなんでしょうか?

やはり大きな課題は諸経費の削減です。とくに昨今はシビアな情況ですので・・・。
あとは、社員教育ですね。新人や管理職に対して、適切な研修を行えるように努めています。
また、優秀な人材を得るための採用活動や、臨時に人手がいるという要求がきたときにどう応えるか、ということも課題です。

-「アスクルアリーナ」はどういったふうに活用していますか?

当社には白山市内の工場をはじめ、金沢市内・富山・東京にそれぞれ事業所があり、それぞれの事業所や部署ごとに注文をまとめ、それを総務で取りまとめて一括注文する、という形にしています。東京営業所だけは総務を通さず独自に注文しています。

今回取材を受けるということでアスクルの利用費を調べてみたところ、割引されていてかなりの経費削減になっていることがわかり、驚きました。

また、部署ごとの経費負担を把握するために、請求書が届いたら総務課で各部署に振り分ける作業もしています。

-請求書は「アリーナ」の方で部署ごとに振り分けて発送もできますよ。

そういうこともできるんですね。
商品の納入先を複数の場所に振り分けることはできますか?

-もちろん、複数指定できます。御社のように、事業所がいろいろな場所にある場合は有用だと思います。

なるほど。会社が大きくなって営業所が増えたりしたら、もっと便利に使えそうですね。

-ところで、総務セクションの役割として、社内の情報共有と情報発信があると思いますが、どういったふうになされていますか?

月に1度、全社員が集まって朝礼をし、業績やトピックスなどの情報発信をしています。
また、社内向けのホームページがあり、そこで色々なニュースや告知をしたり、社内からの業務改善提案を受け付けたりしています。ただ、印刷などの製造現場でパソコンを使わない仕事をしている社員も多いので、社内報や回覧といった紙での情報発信も重要になっています。

-最後に、どんな部署を目指していきたいですか?

個人的には「各セクションの人が自分のセクションの仕事に専念できるようにサポートする」というのが理想だと思っています。ただ、社員が自分の仕事以外のことに無関心になられても困るので、難しいところですが・・・。
総務課として、適切な人事や研修を行うために、各セクションや社員の情報を把握しておく必要があります。
社員一人一人について書類上の情報は把握できますが、生のコミュニケーションを取る機会はそう多くありません。
誰がどんな人柄で、どんな仕事をしているのか・・・コミュニケーションを増やしていくことでそういったことをしっかり把握し、社員のみなさんをサポートできるようになれば、と思っています。

コメントはありません。

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURL: http://askulagent-iwai.com/k/2008/01/08/%e2%97%8b%e2%97%8b%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be/trackback/

コメントを投稿

アスクル専門ショップ

  • トナー&インクショップ
    3,100アイテム以上そろう日本最大級ショップ!検索機能や便利なサービスも!
  • 家具ショップ
    仕事場の家具まとめてアスクル!約3,800アイテムそろっています。
  • アスクルスピードプリントセンター
    名刺・封筒などの印刷物やスタンプ・印鑑を最速で翌日お届け!
  • 取り扱い商品
    オフィス用品なら、事務用品から電化消耗品、事務機器まで何でも揃います。メディカル用品や生活用品だって、アスクルは充実度120%!